医療・介護系の総合求人サイトジョブパワーズ

医療・介護系の求人なら
ジョブパワーズ!

トップページ

医療・介護系の求人を探している人にオススメなのがジョブパワーズです!

当サイトでは毎日2000件を超える求人数と、最短3日で内定が出るという圧倒的スピードで話題の現場出身の求人マッチングサイトジョブパワーズの登録方法やおすすめポイントをご紹介しています!

高齢化社会が進む日本での介護のお仕事というのは、今、最も意義があり、最も需要のあるお仕事の一つだと言えるでしょう。

しかしながら、労働条件が悪く志半ばに現場を離れてしまったという人も多いのが現実です。

そんな危機的状況を打破するべく介護離職ゼロを実現するための政策として、2017年12月に政府は約1,000億円規模の財源を投入し介護職の待遇改善に乗り出すことを閣議決定しました。

ゆえにもう一度、現場に復帰したいと考えている方、より良い条件の職場に転職したいと考えている方は今がチャンスなのです!

医療・介護系に特化したジョブパワーズエージェントであれば、一般的な転職サイトでは取り扱っていない好条件の求人多数寄せられています。

復職や転職を考えている方は、ジョブパワーズ・ジョブパワーズエージェントを上手く活用し、働き甲斐があり、条件にも満足できる職場環境を見つけましょう!

ジョブパワーズ
登録の流れ

1 ジョブパワーズの登録は3分で完了!!

まずは会員登録をしましょう。
登録完了後は採用担当者に直接匿名でやり取りすることができるようになります。

登録料・利用料は全て無料です。

2 スカウトメールがすぐ届く!

職務経歴書が自己PRになります。
視覚や経歴を登録することでスカウトメールが届くようになります。

3 お祝金がもらえる!

ジョブパワーズで応募しお仕事が決まった方には、入社後30日間勤務することでお祝い金がもらえます。

ジョブパワーズエージェント

・ 現場を離れてから大分経っている…
・ 介護施設で働いたことがないけど大丈夫かな…
・ どんな雰囲気なのかわからないと不安…
・ 今の職場より条件がいい所で働きたい…

看護、介護、ヘルパーなどの職場選びにお困りの方はいませんか?

ジョブパワーズエージェントなら、職場選びに関わる全てのお悩みを解決します!
料金は永久無料!
経験豊富な転職のプロが、あなたにピッタリの求人を厳選して紹介してくれます!

\おすすめポイント/
ジョブパワーズ

徹底的なお客様目線No.1!
  • 登録料・利用料無料!
  • 求人登録数2000件以上!
  • エージェントサービスあり!(無料)
  • 全国対応!

【最短3日で内定】
ジョブパワーズでは、豊富な求人数とエージェントの適格なアドバイスを受けることで最短3日での内定も可能です。

【ジョブパワーズエージェント】
ジョブパワーズでは、現場をよく知る経験豊富なプロ達による転職相談を無料で受け付けています。会社の不満でも今日の愚痴でも何でも気軽にご相談ください。

まとめ

医療・介護系の求人ならジョブパワーズ!自分にぴったりのお仕事が見つかるマッチングサイト!

ジョブパワーズQ&A

ジョブパワーズを利用して医療・介護系への転職を考えているけど、すぐに転職できるかな?どんな職場があるのかな?など、様々なご不安を抱えている方も多いかと思います。
ここではジョブパワーズについてや、医療・介護系の関する質問をQ&A方式でご紹介します。

Q.ジョブパワーズは無料で利用できますか?

A.できます

ジョブパワーズは医院や事業所からの手数料で運営されているため、利用者は全てのサービスを無料で利用することができます。

Q.正社員の募集はありますか?

A.あります

ジョブパワーズは正職員(正社員)、契約職員(契約社員)、パート・アルバイトの3つの勤務形態よりお仕事を探すことができます。

Q.ジョブパワーズで募集している職種を具体的に教えてください

A.ジョブパワーズでは医療・介護系に関する人材を幅広く募集しています

医師、保健師、看護師、診療放射線技師、PT・OT・ST、管理栄養士/栄養士、看護助手、歯科衛生士、歯科助手、相談員、介護職/ヘルパー、生活支援員、自動相談員、介護タクシー・ドライバー、事務・受付、薬剤師、助産師、臨床検査技師、臨床工学技士、医療ソーシャルワーカー、登録販売者、歯科医師、歯科技工士、介護支援専門員、サービス提供責任者、サービス管理責任者、児童発達支援管理責任者、福祉用具専門員、調理師・調理員など。

Q.日勤のみ・夜勤のみの募集はありますか?

A.あります

ジョブパワーズでは日勤のみや夜勤のみなど、条件を絞って検索することが可能です。

Q.デイサービスの求人はありますか?

A.あります

リハビリメインのデイサービスや、時短・夜勤無しのお仕事、訪問入浴、児童指導員など様々な求人が登録されています。

Q.特別養護老人ホーム(特養)の求人はありますか?

A.あります

職場見学や職場体験を受け入れてくれる場合もありますので、気になる方はジョブパワーズエージェントにご相談ください。

Q.有料老人ホームの求人はありますか?

A.あります

Q.グループホームの求人はありますか?

A.あります

少人数で家族的な介護を行っていることが多く、利用者にもスタッフにも優しいアットホームな雰囲気が特徴的です。

Q.リハビリ訪問看護ステーション・リハビリ看護センター(リハビリセンター)の求人はありますか?

A.あります

Q.介護老人保健施設(老健施設)の求人はありますか?

A.あります

Q.ケアマネージャー(ケアマネ)の求人はありますか?

A.あります

正職員はもちろん、週2、3勤務・残業なしといったパートの募集もあります。

Q.未経験・無資格ですがお仕事はありますか?

A.あります

資格のない方や無資格の方でも申し込み可能な求人はたくさんあります。

無資格取得支援や社外研修費補助を設けている職場もありますので、まずはジョブパワーズエージェントにご相談ください。

Q.介護職に就くあたり持っていると有利な資格はありますか?

A.あります

自動車運転免許、介護福祉士、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)、介護職員実務者研修(旧ヘルパー1級/基礎研修)、歯科衛生士、正看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、精神保健福祉士、言語聴覚士、社会福祉主事任用資格、薬剤師...などの資格を有していると医療・介護系の転職には有利です。

Q.ブランクがあるのですが大丈夫ですか?

A.大丈夫です

ジョブパワーズにはブランク可の求人もたくさんありますので、今のライフスタイルに合ったお仕事探しをおすすめします。

Q.50代ですがお仕事はありますか?

A.あります

20代から60代まで幅広い年齢層のスタッフが活躍しているという職場も多く、年齢不問の募集もたくさんありますので、まずはジョブパワーズエージェントにご相談ください。

Q.処遇改善交付金とは何ですか?

A.介護職員の賃金改善のために設けられた制度です

直接介護を行っている者へ雇用形態問わず支給されます。支給方法は定期昇給や手当など事業所によって異なります。

Q.処遇改善交付金がもらえてないのですが…

A.いくつか可能性が考えられます

処遇改善交付金は直接介護を行っている者への支給のため管理者やケアマネージャーは対象外となります。

また、届けての手続きが煩雑のため、小規模な事業所ほど手続きに割く時間がなく処遇改善加算の取得のための届け出を出せていないという場合もあります。

求人内容に処遇改善交付金が明記されているというのも選ぶポイントの1つと言えますね。

医療・介護系のお仕事を探しているときに役立つコラム

仕事をする上で気になってしまうのがお給料ですよね。よく、給料を上げたいなら「資格を取得すること」と耳にします。人事担当者むけのポータルホームページが調査した結果では資格取得支援を実施している会社は約75%、その内の約30%は支援期間を設けたり、受験回数に制限を設けたり「援助に制限を設けている企業」となっています。



他に給与を上げる方法としては、転職があります。
ちなみに、介護業界は「慢性的に人手不足」という話を聞いたことないですか?ということは、労働者としては人手不足ということは求人件数が多い=採用されやすいということです。

介護業界では資格取得の援助があったり資格取得者には資格手当を付けている企業も多いです。


就活で人気の業務内容とされている事務ですが、大企業だけを受けていませんか?少子高齢化の影響で老人ホームなどの介護施設が増えてきており、それに伴い事務員の求人がおこなわれていることも多いです。

業務内容も来客受付や電話応対、備品の発注や請求書の発行など他の企業と変わらなく、経験を積めます。また、介護の仕事ならではの部分として、簿記系資格のほかに介護支援専門員やヘルパー2級などの介護資格を取得した場合に資格手当制度があります。資格を取得するための費用負担などの制度も充実しており自分の意識(寝不足だったりすると、保つのが難しくなりますね)次第で給与・所得を増やすことが出来ます。


親の介護に限界を感じて老人ホームの利用について調べているけど、介護保険老人施設と特別養護老人ホームという名称が出てきてどちらを選べばいいのかわからない。
そんな方むけに求人ホームページなどの解説を少し調べてみました。



特別養護老人ホームは、市町村などの地方自治体が運営する公的施設で、要介護認定を受けていればレベル3以上の方が入居対象になります。


そのため、長期的な入居が可能となっています。



しかし、公的施設という性質上、人気がありなかなか入居できないということもあります。介護保険施設はリハビリなど日常生活の基本的な動作は自力でできる在宅復帰を前提としたリハビリや医療ケアをしているのです。在宅復帰を目指しているので入所期間も長くて1年間くらいになります。



みなさんは仕事・職場の選び方ってどうされていますか。仕事内容と給与、福利厚生を気にしている方が多いのではないでしょうか。

実際にそれで仕事を始めてみたけどやりがいを感じられない、仕事をしていて面白くない、この仕事に対する意義がわからないという話を聴くことがあります。介護の仕事をしている方に話を聴く機会があり、聞いてみるとなかなか面とむかって人に感謝をされる機会がないので感謝されるとすごく嬉しい、元気のなかった人がどんどん元気になっていくところを見れて自分が人の役に立つ仕事をしていると実感できると言っていました。求人状況を調べると様々な企業が募集を行っていて願望するはたらき方に合う職場もありそうです。

親の介護が限界になってきた方の中には、介護士に頼もうか検討している方もいると思います。
でも、介護のサービスって種類が多くてわかりにくいです。

介護専門の求人ホームページなどを利用して内容を調べてみました。大きい分類として訪問介護・訪問看護などの自宅に訪問して介助してくれるサービス、デイサービスやデイケアといった自宅で生活をしながら施設に通ってケアを受けるサービス、有料老人ホームなどの施設に入って介助を受けるサービスの3つがあります。各種サービスを受ける場合、介護内容の違いや運営している団体により月額や入居費用などが変わってきます。
介護の必要度によって条件の合う施設がちがうので情報収集をしましょう。


介護の求人についてwebで調べてい立ところ介護職内でも特に人気の施設タイプというものがあるようです。それは、利用者の要介護度が低めな方の多いデイサービスや老人介護を24時間体制で行っている有料老人ホーム、比較的介護度の低い利用者が多いサービス付き高齢者住宅です。施設によって特性があり人気に差があることは確かですが、施設を運営する事業者によって福利厚生や手当などの労働条件が異なります。
優良企業の見分け方としては、求人情報が出る頻度、職員の平均年齢や離職率や企業の評判が参考になります。また、職場見学ができるなら是非見学をしてどんな利用者が多いのかや現場の雰囲気を確認しましょう。
少子高齢化といわれているいま、大切といわれている仕事があります。たとえば、介護の仕事です。今、重要ということは求人も多くなっているのではないかと少し調べてみたら正社員の募集が予想以上に多い状況でした。気になる待遇面は業界全体として意識(寝不足だったりすると、保つのが難しくなりますね)しているのか出産・育児休暇制度を設けている企業が多く職場復帰もしやすそうな業界だと思います。
また。

資格取得支援やそれに伴う資格手当も設定されているのでできることを増やしたい、上を目指したいという向上心を持っている方にも良指そうです。条件のいい会社は人気なので早めにご応募を!医療・福祉関係の資格をおもちで就職先を捜している、あるいは転職を真剣に考えているという方、そういった方にお薦めしたいのが求人転職情報ホームページのジョブパワーズです。

募集情報には業種・職種やお給料だけではなく、介護資格士、看護師免許などといった資格もちの人を募集しているかがわかりやすく、これまでの経験を生かしやすそうです。


また、ブランクがあるけど大丈夫?年齢制限とか大丈夫?という人むけに細かく検索で絞り込向こともできます。
それでも不安が拭えないという場合は採用担当者と申し込み者で直接やりとりが出来ますので、そこで聞いてみるのもお薦めです。大手求人ホームページを利用する人は多いはずですが、さまざまな業種が掲載されていて、願望の仕事が捜しにくい、募集件数が少ない、という経験はありませんか?その業種に特化したホームページの利用をお薦めします。大手ホームページよりも介護の専門ホームページの方が掲載数が多いことがあります。



また、介護系ホームページの中には職場見学が可能な転職ホームページもあり、施設やサービス、仕事内容、どんな患者さんがいるのかなど、職場環境を事前にチェックできます。
こういったホームページの一部には長年交流がある企業も存在し、面接に同行しているエージェントもいますから質問の内容を聞いてみるのも良いでしょう。

転職活動中の方は人材紹介会社に登録するのもいいかも知れません。

登録すると派遣会社のエージェントから自分の願望している条件の企業が紹介され、面接や人間関係の悩み事など勤務時の困りごとの手助けをしてくれます。
最初から正社員として入社して、実は求人時の条件と違っ立ということもあります。では、「紹介予定派遣」という形で働いてみるのはどうでしょうか。
紹介予定派遣とは「正社員」と「派遣社員」のいいとこ取りをしたような制度で、いわゆる試用期間中を派遣社員としてたとえば、実際の介護現場を見て職場が合うか、企業側も続けて働いて貰いたいかをチェックします。不安な派遣期間時の就業や正社員登用時の給与や勤務時間などの条件交渉を派遣会社が企業と転職者の間に入ってフォローする制度です。

医療・介護系のお仕事を探している際のお役立ち情報

徹底的なお客様目線No.1!

医療・介護系の求人サイトジョブパワーズ!