医療・介護系の総合求人サイトジョブパワーズ

医療・介護系の求人なら
ジョブパワーズ!

トップページ

医療・介護系の求人を探している人にオススメなのがジョブパワーズです!

当サイトでは毎日2000件を超える求人数と、最短3日で内定が出るという圧倒的スピードで話題の現場出身の求人マッチングサイトジョブパワーズの登録方法やおすすめポイントをご紹介しています!

高齢化社会が進む日本での介護のお仕事というのは、今、最も意義があり、最も需要のあるお仕事の一つだと言えるでしょう。

しかしながら、労働条件が悪く志半ばに現場を離れてしまったという人も多いのが現実です。

そんな危機的状況を打破するべく介護離職ゼロを実現するための政策として、2017年12月に政府は約1,000億円規模の財源を投入し介護職の待遇改善に乗り出すことを閣議決定しました。

ゆえにもう一度、現場に復帰したいと考えている方、より良い条件の職場に転職したいと考えている方は今がチャンスなのです!

医療・介護系に特化したジョブパワーズエージェントであれば、一般的な転職サイトでは取り扱っていない好条件の求人多数寄せられています。

復職や転職を考えている方は、ジョブパワーズ・ジョブパワーズエージェントを上手く活用し、働き甲斐があり、条件にも満足できる職場環境を見つけましょう!

ジョブパワーズ
登録の流れ

1 ジョブパワーズの登録は3分で完了!!

まずは会員登録をしましょう。
登録完了後は採用担当者に直接匿名でやり取りすることができるようになります。

登録料・利用料は全て無料です。

2 スカウトメールがすぐ届く!

職務経歴書が自己PRになります。
視覚や経歴を登録することでスカウトメールが届くようになります。

3 お祝金がもらえる!

ジョブパワーズで応募しお仕事が決まった方には、入社後30日間勤務することでお祝い金がもらえます。

ジョブパワーズエージェント

・ 現場を離れてから大分経っている…
・ 介護施設で働いたことがないけど大丈夫かな…
・ どんな雰囲気なのかわからないと不安…
・ 今の職場より条件がいい所で働きたい…

看護、介護、ヘルパーなどの職場選びにお困りの方はいませんか?

ジョブパワーズエージェントなら、職場選びに関わる全てのお悩みを解決します!
料金は永久無料!
経験豊富な転職のプロが、あなたにピッタリの求人を厳選して紹介してくれます!

\おすすめポイント/
ジョブパワーズ

徹底的なお客様目線No.1!
  • 登録料・利用料無料!
  • 求人登録数2000件以上!
  • エージェントサービスあり!(無料)
  • 全国対応!

【最短3日で内定】
ジョブパワーズでは、豊富な求人数とエージェントの適格なアドバイスを受けることで最短3日での内定も可能です。

【ジョブパワーズエージェント】
ジョブパワーズでは、現場をよく知る経験豊富なプロ達による転職相談を無料で受け付けています。会社の不満でも今日の愚痴でも何でも気軽にご相談ください。

まとめ

医療・介護系の求人ならジョブパワーズ!自分にぴったりのお仕事が見つかるマッチングサイト!

ジョブパワーズQ&A

ジョブパワーズを利用して医療・介護系への転職を考えているけど、すぐに転職できるかな?どんな職場があるのかな?など、様々なご不安を抱えている方も多いかと思います。
ここではジョブパワーズについてや、医療・介護系の関する質問をQ&A方式でご紹介します。

Q.ジョブパワーズは無料で利用できますか?

A.できます

ジョブパワーズは医院や事業所からの手数料で運営されているため、利用者は全てのサービスを無料で利用することができます。

Q.正社員の募集はありますか?

A.あります

ジョブパワーズは正職員(正社員)、契約職員(契約社員)、パート・アルバイトの3つの勤務形態よりお仕事を探すことができます。

Q.ジョブパワーズで募集している職種を具体的に教えてください

A.ジョブパワーズでは医療・介護系に関する人材を幅広く募集しています

医師、保健師、看護師、診療放射線技師、PT・OT・ST、管理栄養士/栄養士、看護助手、歯科衛生士、歯科助手、相談員、介護職/ヘルパー、生活支援員、自動相談員、介護タクシー・ドライバー、事務・受付、薬剤師、助産師、臨床検査技師、臨床工学技士、医療ソーシャルワーカー、登録販売者、歯科医師、歯科技工士、介護支援専門員、サービス提供責任者、サービス管理責任者、児童発達支援管理責任者、福祉用具専門員、調理師・調理員など。

Q.日勤のみ・夜勤のみの募集はありますか?

A.あります

ジョブパワーズでは日勤のみや夜勤のみなど、条件を絞って検索することが可能です。

Q.デイサービスの求人はありますか?

A.あります

リハビリメインのデイサービスや、時短・夜勤無しのお仕事、訪問入浴、児童指導員など様々な求人が登録されています。

Q.特別養護老人ホーム(特養)の求人はありますか?

A.あります

職場見学や職場体験を受け入れてくれる場合もありますので、気になる方はジョブパワーズエージェントにご相談ください。

Q.有料老人ホームの求人はありますか?

A.あります

Q.グループホームの求人はありますか?

A.あります

少人数で家族的な介護を行っていることが多く、利用者にもスタッフにも優しいアットホームな雰囲気が特徴的です。

Q.リハビリ訪問看護ステーション・リハビリ看護センター(リハビリセンター)の求人はありますか?

A.あります

Q.介護老人保健施設(老健施設)の求人はありますか?

A.あります

Q.ケアマネージャー(ケアマネ)の求人はありますか?

A.あります

正職員はもちろん、週2、3勤務・残業なしといったパートの募集もあります。

Q.未経験・無資格ですがお仕事はありますか?

A.あります

資格のない方や無資格の方でも申し込み可能な求人はたくさんあります。

無資格取得支援や社外研修費補助を設けている職場もありますので、まずはジョブパワーズエージェントにご相談ください。

Q.介護職に就くあたり持っていると有利な資格はありますか?

A.あります

自動車運転免許、介護福祉士、介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)、介護職員実務者研修(旧ヘルパー1級/基礎研修)、歯科衛生士、正看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、精神保健福祉士、言語聴覚士、社会福祉主事任用資格、薬剤師...などの資格を有していると医療・介護系の転職には有利です。

Q.ブランクがあるのですが大丈夫ですか?

A.大丈夫です

ジョブパワーズにはブランク可の求人もたくさんありますので、今のライフスタイルに合ったお仕事探しをおすすめします。

Q.50代ですがお仕事はありますか?

A.あります

20代から60代まで幅広い年齢層のスタッフが活躍しているという職場も多く、年齢不問の募集もたくさんありますので、まずはジョブパワーズエージェントにご相談ください。

Q.処遇改善交付金とは何ですか?

A.介護職員の賃金改善のために設けられた制度です

直接介護を行っている者へ雇用形態問わず支給されます。支給方法は定期昇給や手当など事業所によって異なります。

Q.処遇改善交付金がもらえてないのですが…

A.いくつか可能性が考えられます

処遇改善交付金は直接介護を行っている者への支給のため管理者やケアマネージャーは対象外となります。

また、届けての手続きが煩雑のため、小規模な事業所ほど手続きに割く時間がなく処遇改善加算の取得のための届け出を出せていないという場合もあります。

求人内容に処遇改善交付金が明記されているというのも選ぶポイントの1つと言えますね。

医療・介護系のお仕事を探しているときに役立つコラム

就職活動で人気の役職と言われている事務ですが、大企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)だけを受けていないでしょうか?少子高齢化の影響でここ数年、介護施設が増えていて事務員の求人がおこなわれていることも多いです。



業務内容も来客受付や電話応対、備品の発注や請求書づくりなど他の会社と変わらない内容になっています。


また、介護業界ならではの部分として、事務系資格以外の介護福祉士や看護師免許などの事務とは関係ない資格を取得した際には事務資格手当の他に介護系資格に対する手当が支給されます。その資格を取得するための費用負担をしてくれることも多いので自力で毎月の給与を増やすことができます。人の役に立ちたいと介護士を志す人が増えています。どんなことでも初めて行うことは経験がないけど大丈夫かな?と不安を少しは感じてしまいますよね。
求人情報を見てみると未経験・無資格・40代でも多くの企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)が大丈夫としており、はたらきながら資格取得支援をおうえんしている会社も多いです。



少子高齢化の影響で介護の求人は多いので自分の条件に合った会社・施設を吟味して捜すことができます。
また、求人をしている会社によっては、面接・応募前に職場見学ができることもあるので実際の職場の雰囲気を確認してから応募することもできます。

出産のため離職していた介護職に復帰したいんだけどコドモがいるので日中しかはたらけないという方も多いかと思います。
そんな方にオススメしたい求人はデイサービスのお仕事はいかがでしょうか。



デイサービスは要介護者が昼間施設に通い、食事や入浴、機能訓練といった介護サービスを受けます。
デイサービスは日中にオープンしているため夜勤は基本的にはありないでしょう。
また、利用者が老人ホームなどに入居するほど重度ではないものの、介護をしている家族の負担を軽減させたり、他人とのコミュニケーションを目的とし利用する人も多いので現場復帰にぴったり良い環境なのではないでしょうか。


少子高齢化が進行している現時点で重要とされている仕事があります。

その中の一つが介護業界です。



重要とされているのであまたの求人があるのではないかと少し調べてみたら思っていた以上に正社員としての求人が見つかりました。気になる待遇面は業界全体として意識しているのか多くの会社が出産・育児休暇制度を制定し休暇後の職場復帰もしやす沿うな雰囲気です。ケアマネジャーなどの資格取得支援や資格手当もあるのでできることを増やしたい、上を目さしたいという向上心を持っている方にも良指沿うです。

資格手当の額が大きいなど条件のいい会社は人気なので早めにご応募を!親の介護度が上がってしまって大変になってしまった方の中には、介護サービスの利用を検討している方もいると思います。

でも、介護サービスってどういったサービスがあるんでしょうか、求人情報誌やネットで調べてみました。


大聞くカテゴリー分けすると訪問介護・訪問看護などの自宅に訪問して介助してくれるサービス、基本的に自宅で生活しながら日帰りで施設に通って介助を受ける通所サービス、有料老人ホームなどの施設に入居して24時間体制で受ける施設サービスの3つがあります。老人ホームなどに入居する場合、介護の必要性のちがいや運営している団体施設によって月額や入居条件が変わってきます。


介護の必要度によって条件の合う施設が違うので情報収集をしましょう。
親の介護が大変で老人ホームの利用を検討しているけど、介護保険老人施設と特別養護老人ホームという呼称が出てきてどちらを選べばいいのかわからない。
そんな方向けに求人サイトなどの解説を少し調べてみました。特別養護老人ホームは、地方自治体が運営する公的施設で、寝たきりや認知症など介護度レベル3以上の方が入居対象になります。
介護度が高いため終身での入居が可能となっています。

公的施設という性質上、人気がありナカナカ入居できない問題点もあります。介護保険施設は病院と自宅の間のような場所で要介護者が入居できます。


在宅復帰を前提としており、在宅復帰を目さしているので入所期間も長くて1年間くらいになります。 人の役に立つ仕事と聞いてどんなものが思い浮かびますか?まず最初に思いつくのが医者ではないでしょうか。



でも、人の役に立ちたいという思いは素晴らしいですが簡単にお医者様にはなれないでしょうよね。
それではもっと生活に密接な介護の仕事はどうでしょうか。

ネットで口コミを調べてみたら1番の魅力・やりがいは笑顔でお礼を言われる、笑顔のなかった方から笑みが出てきて感謝されるときが多いようです。
その他にも、年齢性別に関係なくキャリアアップが叶いやすい環境であることや日勤のみの求人があるほか、逆に夜勤だけ10日だけ働いてアトは自由に過ごせばいいなどわりと自由が聞く仕事だとわかりました。

数年後に訪れるであろう親の介護を見据えて仕事として介護を始める40代、50代の方が増えています。一般的な求人サイトだとナカナカ40代、50代OKの求人はないですがヘルパーなどは、40代、50代でも歓迎してくれるところが多いです。新卒と40代、50代で介護を始めた人とではそれぞれに良さがあるからです。

例えば、利用者のほとんどは高齢者となりますので、孫くらいの年齢の人に頼み事やお願いをするのに気が引けてしまうことがあるのです。

それに対し、ある程度年齢を重ねている方に頼む場合、親子のような感覚で素直にお願いしやすいということがあるようです。あなたがたは仕事・職場の選び方で気にしていることはなんですか。
たくさんの人は福利厚生と給与面を気にしていると思います。

でも、それで仕事を始めたけどやりがいがなくて面白くない、退屈だという話を聞くことがあります。介護士のしり合いに話を聞いてみたところ利用者にありがとうと言われることがとても嬉しい、ゲンキがなかった人が自分の介護で目に見えてゲンキになっていくのが嬉しい人の役にたてているのが実感でき、工夫しがいがあると言っていました。求人情報を見てみるといろいろな会社が募集をしていて一人一人のはたらき方にあった職場が見つけられ沿うです。

介護業界で働いているしり合いが転職・求人サイトをよく見ているようで、仕事の話を聞いていくと、単純に介護業界でひとくくりにしても施設によって目的や内容が違うことをしりました。
一例として、老人ホームと普段から呼んでいる中でも介護老人保健施設(老健)と分類される施設と特別養護老人ホーム(特養)と呼ばれる施設など種類(自分がどれに当て嵌まるのかを知ることも時には大切かもしれません)がある沿うです。老健では、家庭復帰を目さしてリハビリに重点をおき、栄養管理・食事・入浴などの日常サポートを行っています。

特養では、日常生活の介護を基本としているので栄養管理や入浴、掃除や洗濯などの生活支援がメインになります。



医療・介護系のお仕事を探している際のお役立ち情報

徹底的なお客様目線No.1!

医療・介護系の求人サイトジョブパワーズ!